Pages: << 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>

2017/10/14

Permalink 15:21:08, by admin Email , 0 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

普遍的惑星構造としての地球膨張論

月では月震と呼ばれる地震が起きていることが知られている。最近では火星でも地震があると観測からわかってきた。地震の振動で崖が崩れているのだ。では、月や火星でプレートが動いているのだろうか? 月には火山活動はない。数多くあるクレーターは隕石によるものと考えられている(間違ってるけど)。火星には巨大な火山がいくつかある。2万メートルも高いオリンポス山が知られている。しかし地表の地形を見てもプレートらしきものは存在しない。プレートは地球独自のものなのだろうか?

プレートが地球独自のものであるとすると地球の成り立ちもほかの惑星とは異なっていることになる。神様がそんな面倒なことをするはずはない。えいやっと、岩石惑星はすべて同じ作り方をしていると考えたほうが合理的だ。万有引力はそうして考えられた(これも間違ってるけど)。

地球だけが特別にプレートテクトニクスを持っているという考え方は、おかしい。惑星には普遍的な構造があって、その構造が地震を招いていると考えたほうが合理的だろう。地震だけではなく地形形成、造山活動、大気や海の成り立ちも惑星すべてに共通するメカニズムが存在するはずだ。

月や火星、また木星の衛星などを見てもプレートは見当たらない。つまりプレートは存在しないもので、地球でプレートと見ているものは、別の何かなのだ。火星には、多くのひび割れがある。ひび割れは内部からの圧力でおきていると思われ、ひびが入っているのは地表を覆っている岩盤である。地球でプレートと考えられているのは、火星のひび割れている岩盤なのだろうか。

厳密に言えば、ひび割れた岩盤は、一部が突出したまま残り、ほかは次第に火星内部に沈んでいく。アイソスタシーだ。この沈んでいった岩盤の下側がプレートと見られるようになる。相転移の境界だ。残ったひび割れのブロックなどは、ギヨー、メサなどの頂上が平らな山になり、地殻に相当する。火星内部の圧力とは膨張の圧力だ。

プレートテクトニクスが登場してきた時代、地球膨張説が対抗論としてあった。しかし膨張するメカニズムが不明なため、プレートテクトニクスが勝った。いまなら膨張は相転移だと証明できる。マントルの先端研究がマントル内部での相転移を証明している。順序が逆だけど。プレートテクトニクスは、再び地球膨張論と向き合うときがきたのだ。

2017/09/24

Permalink 16:16:02, by admin Email , 1 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

「こっそり人の真似をしよう」 大学7年で落第したオヤジが語った、”天才”なにそれ? おいしいの?

大学に2浪して入ったものの、体育の授業がいや、いまどき真空管で実験できるかと登校拒否をしたあげく、退学になった私がおこがましくも13歳の天才さまに一言いいたい。

「学ぶことを今すぐやめよう」 IQ170の13歳少年が語った、”天才”の条件

「学ぶことを今すぐやめよう」とフツウの人に言っても「じゃあ、何をすればいい」とあたふたするだけだ。「学ぶことを今すぐやめよう」といわれて、ぴんと来る人はすでにそうやって今に至っている。したがって、フツウの人にいうべきアドバイスは、「フーン、そうなんだ」で十分。へたにフツウの人の行動を否定すると反感を買ってしまう。

ニュートンはプリンキピアを執筆する前、フックと文通していた。バネのフックの法則で有名なロバート・フックだ。当時はインターネットがないので、同じ趣味を持つ者は、文通で意見を交わすのが習慣だった。ニュートンはフックと天体に働く引力について、意見を交わしていた。

じつはニュートンに万有引力のヒントを与えたのはフックだった。当初ニュートンは、ニュートン式望遠鏡を制作して、ようやく天文学者の仲間入りをしたペーペーに過ぎなかった。フックは王立協会の実験主任で、ニュートンの望遠鏡を評価する側にいた。その関係もあって、ニュートンとの文通を始めたらしい。

当時のフックは、天文学にも精通しており、自ら屈折式望遠鏡をつくり、観測も行っていた。惑星の公転が物と物が引き合う力によって成り立つことは、当時の天文学の常識だった。ニュートンの万有引力には、地上と天空の引力が同じであること、離れた物体に働く力は距離の二乗に反比例する、の2つの特徴がある。

距離の二乗に反比例するという式をニュートンは思考実験で求めた。地上と天空の引力が同じであること、すなわち万有引力は、ニュートンの深いキリスト教への信仰心が表れたものだった。神の力である引力は万物に共通のものであるべきだ、と考えたらしい。

プリンキピアには、ライプニッツから拝借した微積分が使われた。万有引力方程式は、二乗である点だけがニュートンのオリジナルで、発想の多くは当時の天文学者の常識であって、フックから文通で教えられたものだった。フックは後にニュートンの万有引力について、自分の考えだと訴えている。

ニュートンは突出して優れていたわけではなかった。ライプニッツを知らなければ、フックとの出会いがなければ、ニュートンは片田舎で錬金術にふける変人でしかなかったのだ。

ニュートンは実験家としては二流で、業績のほとんどは、考えただけで済ませている。ニュートンによって作られた万有引力を、重力理論に発展させたアインシュタインも実験はやらなかった。アインシュタインもまた、マクスウエルの方程式に運動方程式を当てはめただけ、とも言われている。

二人の理論家によって重力理論が作られ、多くのフツウの人がそれを信仰している。重力にはキリスト教の思想が最初からはめ込まれていたので、当然のことともいえる。そろそろ重力の落とし穴から這い出して、反重力への道を探すときなのだが…

天才とは何か? それはそのひとが亡くなってからしかわからない。何かを成し遂げようと意思を持つことと、生きていくことは別。人生一瞬先はわからない。ひとついえるのは、何か人生について語るやつがいたら、とりあえず、警戒しろ。

2017/09/14

Permalink 13:49:26, by admin Email , 0 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

太陽フレアが地震を起こす仕組み

太陽が大変なことになっているらしい。フレアは、太陽表面のプラズマが磁場の爆発的現象で吹き飛ばされることで起きる。とくに質量放出はプラズマがそのまま飛び出てくる。つまり大量のプロトンなのだ。

プロトンはプラスに帯電した粒子で、それが太陽風と同じように電離層にぶつかる。電離層は通常プラスに帯電しており、それがより強くプラス側にふれる。電離層のプロトンが増えるプロトン現象がフレアの発生の後に見られ、14日現在も続いている。

いっぽうの地表はマイナスに帯電している。通常であれば、電離層からマイナスの電子が大気電流、あるいは落雷として流れてきて、マイナスを補うが、フレアのように急激なプラスの増加は、地球内部からの電子を引き付けることになる。

地球内部では、マントルのカンラン石が相転移により膨張しているが、そのときに余分な電子が放出され、徐々に地表に上昇してくる。ちなみに大気の二酸化炭素、水はマントルから生まれた。二酸化炭素はミュオン触媒核融合により、酸素と窒素に分かれる。

電離層のプラスが強くなると地表の電子を補うためにマントルから電子が上がってくるのだ。これが地殻の電子を増やし、岩盤の放電に至る。地震の発生だ。

メキシコのM8が起きた地域は、マントルから物質が沸きあがっている場所だ。フレアの影響で地震が起きる場所は、同じようにマントルから沸きあがっている場所だろう。東北の太平洋側、九州南部、紀伊半島東側が相当する。

2017/09/03

Permalink 12:14:32, by admin Email , 1 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

重力だけでは半分しかわからない

このサイトやasyuraからこぴぺして、「地球はなぜ丸い」や重力についてのテキストを張ってるサイトが出てきた。出展を明記していればありがたいことだと思う。

でも、張ってる人が内容を理解してくれているかといえばそうでもない。地球内部に空洞があることは、重力だけで示すことが出来た。しかしなぜそうなっているかは、重力だけではわからない。

「電気的地球科学への招待」を読んでくれれば、すべて説明している。

「地球はなぜ丸い」、「重力は2種類ある」は、ある程度の反響があった。電気的地球科学は電気的宇宙論の一分野にすぎないので、ぜひ「電気で見た宇宙と地球」も読んで欲しい。

2017/08/20

Permalink 10:35:54, by admin Email , 7 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

重力は2種類ある

ニュートンは万有引力を発見したといわれているが、その発想は同じ時代に生きたフックなどとの文通から生まれた。ガリレオ、ケプラーなどの観測に依存していたことは間違いない。ニュートンはプリンキピアを出版する前、地表の重力から類推して月の軌道を計算した。地球上の重力と惑星間、宇宙空間に働く重力を同じものと見た。これは現在も続いている。

物体間に働く重力を実証したキャベンディッシュの実験と同じく重要なエドベシュの実験がある。やはり鉛の玉を使い、両者が引き合うはずの力を計測した。地球の遠心力と重力が同じ力であることを証明したといわれている。慣性質量と重力質量が同じである、等価原理の証明である。現在の相対性理論は、等価原理の上に成立している。

しかし等価原理にしても、地表の重力と惑星間の重力が等しいという前提に立っているのだ。地表と宇宙空間の重力が異なるという現象はいくつも見つかっている。惑星直列は、主に日食で見られる現象で、コリオリの力が反対になったりする。地球を使った衛星のスイングバイ、地球の近くをぐるっと回って加速する、でもおかしな速度変化が観測されている。

また、海の底、海溝は1万メートル近い深さがあるが、ここでは重力が軽くなる現象がある。海溝の重力異常は、宇宙空間の重力と地表の重力がちがう原因であるからと考えられるのだ。

電気的宇宙論では太陽は星間物質を飲み込んで輝く、巨大なプレート、正極と考えられている。真空管のプレートと同じでプラスに帯電している。太陽からは、陽子(プラス)と電子(マイナス)が太陽風として吹き出している。惑星は太陽風にさらされて、帯電している。

地球の場合、大気の持つ不思議な整流作用のせいで、地表がマイナス、電離層がプラスに帯電している。フツウの説明では、地球は離れれば、プラスとマイナスが中和して、中性の電気しかもたない、といわれている。しかしこれは間違いで、いくら離れていても、プラスとマイナスは太陽に対して電気引力、斤力が働く。

太陽のプラスと地球のマイナスは引き合う、太陽のプラスと地球のプラスは反発する。電気引力と電気斤力が釣り合っている。これが宇宙空間で働く、重力なのだ。彗星は、太陽風が強く吹く公転面から離れた軌道を取る。マイナスに強く帯電している。

「電気で見た宇宙と地球」

では地表の重力は何か? 地球の表面と50km上の電離層には30万Vの電位差がある。地表付近では1mあたり100Vの電位差があって、微弱な電流が流れている。ファラデーは鉛が反磁性体であることに気がつき、キャベンディッシュの実験の間違いを見抜いた。そこで重力は電磁気力であると仮定、大気に流れる電流を測定しようとした。

大気に電気があることはすでにフランクリンなどの実験でわかっていた。ファラデーは電磁気力が周囲の空間に影響を及ぼすと考えていた。重力もまた電磁気力であると考えるのは、きわめて自然なことだった。残念なことにファラデーは重力を電磁気力であると証明することは出来なかった。現在わかっているのは、大気中に流れる電流は1m2あたり1ピコアンペア(10-12E)で、とてもファラデーの時代の測定器では検知できない少ない電流である。

海溝で重力が少ない理由は、海水の電気抵抗で電位差が大気より低いためだと考えられる。また人工衛星は、高度100km以上の軌道を取るが、大気が地表の10万分の1で、電離層の電位差も飽和している。また月の表面にはきわめて薄い電離層が存在していて、電位差もある。

しかし微弱な大気電流と電位差がどのようなメカニズムで重力を生んでいるのかは、まだわかっていない。電気的宇宙論の中心メンバー、Wal Thornhillが提唱する電気的重力は、原子内部で原子核と電子が両側に配置され、一種のダイポール構造をとっていることが電気重力を生む、としている。

いずれにしても、現在の重力理論には大きな瑕疵がある。重力が空間の曲がりとして説明され、重力波が光速でしか伝播しないことにされた。現在の重力理論は銀河の回転はおろか、太陽系の公転も説明できない。

ニュートンは万有引力を発見したのではなく、当時の天文学者が抱いていた引力を数式で表現したことで注目された。アインシュタインもまた一度も実験をしたことがなかった。相対性理論は力学をマクスウエルの方程式に乗せ変えただけだった。現在の物理学は、2人の実験をしない理論家によって作り上げられた。しかも社会的構造によって覆すことが難しい状態になっている。

もはや、新しい重力理論は、ただ論文や情報として提供されるだけでは、受け入れられることがないだろう。ただひとつは、反重力を実現する、フックやファラデーのような実験家の登場を待つしかない。

<< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>

2018年February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

人間が作ったものをどのように壊すことができるかを合理的に考察するのが破壊学です。現代科学にターゲット絞って考えています。 『電気的地球科学』『電気で見た宇宙と地球』には、さらにくわしい解説があります。 このブログに書いてある内容を引用する場合は、出所を明記してください。
自然科学ランキング
@520chain

Contents

Search

XML Feeds

powered by b2evolution free blog software