Pages: << 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

2012/07/07

Permalink 12:44:11, by admin Email , 0 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

破壊学とは

破壊学とは何かから始めなくてはならない。一言で言えば、破壊学とは人間が作ったものを破壊する方法を追求する学問だ。破壊といえば、テロであるとか、犯罪の範疇ではないかと考えるかもしれない。しかし破壊する方法を事前に知ることで、破局的事故の起こる可能性を低くすることが可能なはずである。


同じような目的を持つ失敗学がある。失敗学とは「起こってしまった失敗に対し、責任追及のみに終始せず、( 物理的・個人的な) 直接原因と (背景的・組織的な) 根幹原因を究明する学問のこと。 失敗に学び、同じ愚を繰り返さないようにするにはどうすればいいかを考える」ことだ。


失敗学は、航空機事故、交通事故、産業事故などで多くの功績を上げてきたらしい。比較的小さな影響しか与えない事象では、失敗学は非常に有効な手段であるといえるかもしれない。しかしながら、3.11のような原子力災害を含む破局的事故に関して、失敗学は有効な手段といえるだろうか? 一度起きただけで十分人類に対する非常に大きな影響を与える(人類滅亡も含めて)事象に関しては、失敗学は「後の祭り」になるだけであることがはっきりした。


事故が起きる以前に、事故を予想することは非常に難しい。原子力発電所のような政治的影響の極めて大きい施設では、事故を予想して対策を立てることさえ、政治的に制限されていたことがわかってきた。「メルトダウンはありえないから、メルトダウンした後の対策は建てない」といった具合だ。また、極めて確率が低いという理由で対策しないという例もあった。


参考 「失敗学批判」(横浜国大名誉教授 清水久二)


破壊学では、自然災害による影響、人為的影響の区別なく、どのようにすれば構造物、システム、ネットワークなどを破壊できるかを追求するので、最初から政治的バイアスの入り込む余地が排除されている。純粋に合理的思考が機能できるのである。


破壊学が有効な手段となり得るのは、次のような場合が考えられる。


軌道エレベータの建設に伴うリスク判断
宇宙発電所からの送電経路の事故予測
電離層加熱に関する影響
大深度掘削に伴う断層、マグマへの影響


あまり詳しく書くと危険なので、書かないが、例えば対立している国の人口を減らしたい場合、検出できない微量の物質、あるいは検出しても危険性の分からない物質を食品などに混ぜて、相手国に輸出する方法もある。破壊学では、従来は起きてからしかわからなかった危険性についても、あらかじめ予測しておくことが可能になる。

2011/09/29

Permalink 17:50:45, by admin Email , 6 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

水を使って食品の放射性物質を計ってみる

SOEKSはロシア製のガイガーカウンターだが、ほかのメーカーとは少し設計思想が異なる。SOEKSは環境放射線の変化を敏感に測定できるようにプログラムされている。急激な放射線濃度の上昇があるとすぐにアラートが表示される。

この性質を使って、食品に含まれる放射性物質の濃度を測ってみた。計るというよりは、多いか少ないかを判断する程度だ。

まず、ポリバケツと水を入れたポリ袋を用意する。水は厚さ15センチでガンマ線を60%遮蔽できる。バックグラウンドのガンマ線を遮蔽して、食品から出るガンマ線を計ろうというのが目的だ。

ポリバケツの下に水を入れたポリ袋を敷く。その上に測定したい食品を乗せる。今回はタイ産のツナの缶詰を調べた。タイでは4月以降日本からの食品輸入が急増した。代わりにタイからは缶詰などの加工食品が大量に輸入されている。汚染食品のロンダリングが行われているのだ。

最初にSOEKSだけで測定する。今回は0.11uSv/hが基準値となった。次に缶詰を入れて上にSOEKSを置く。上から水を詰めたポリ袋でふたをする。


数分後に見ると0.13。3回繰り返したがいずれも0.13、0.14だった。あきらかに基準値を超えている。正確なベクレルは測定できないが、放射性物質が含まれていることは確かだ。

同じ方法で北海道産のサンマの缶詰を測定したが、基準値とほぼ変わらなかった。ほかにも群馬産の糸こんにゃく、地元のトマトを計ったが、いずれも基準値を上回った。

2011/08/05

Permalink 19:59:19, by admin Email , 12 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

山形県の放射線濃度

7月30日から山形県内を車で回りながら、放射線量を計測している。3月に降下した放射性物質の量は、東京よりも多い。東京はすでに多くの人が計測をしているが山形の情報はごく限られているのが現状だ。ここに計測したデータの一部をまとめてみた。今後もデータは随時公開していく予定。


より大きな地図で radiation map を表示
青が0.05~0.1uSv/h、黄色が0.11~0.15uSv/h、紫が0.16~0.2uSv/h、赤が0.21uSv/h以上。計測したガイガーカウンターはSOEKS 01M。ベータ線も感知するが放出から4ヶ月以上たった今、一番の放射性物質はセシウム137なので、ガンマ線だけ計測していては、本当の放射線量はわからない。

<< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

2018年January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

人間が作ったものをどのように壊すことができるかを合理的に考察するのが破壊学です。現代科学にターゲット絞って考えています。 『電気的地球科学』『電気で見た宇宙と地球』には、さらにくわしい解説があります。 このブログに書いてある内容はGPLです。改変しなければ、出所を明記して自由に使うことができます。
自然科学ランキング

Contents

Search

XML Feeds

powered by b2evolution free blog software