Pages: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>

2017/06/14

Permalink 18:30:30, by admin Email , 0 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

なぜ地球は丸い?

物質がいくら集まっても重力は生じない。重力は大気がないと生まれないからだ。ではなぜ地球やほかの惑星は丸いのだろうか?

それは、ファンデルワールス力が岩石をくっつけて丸くしているから。だから、惑星は内部から簡単に割れる。

膨張する金星。

2017/05/29

Permalink 12:51:55, by admin Email , 2 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

木星わたあめ製造機説


木星に飛び込んだシューメーカー・レビ彗星がどうなったかについて、あまり話を聞かない。木星には内部に岩石の核があるという説がある。いったい中がどうなっているのか? 想像することはできないのだろうか?

ところで木星にはたくさんの衛星がある。どうやってできたのか? Europaの表面をよく見ると細い糸のような筋がたくさんあることに気がつく。筋がたくさんというより、まるで手まりの中のように糸を巻いてEuropaができているようだ。

こっから先は完全な想像だが、木星内部に飛び込んだ彗星は、高温で溶ける。内部ではガスが猛烈な勢いで吹いていて、溶けた岩石はわたあめのようにガス中を飛ぶが、そこにある核に巻きついていくのではないか?

核は、木星に飛び込んできた彗星を材料にどんどん大きくなっていく。そしてあるとき、ぽこんと外に飛び出す。それが衛星。

2017/05/25

Permalink 19:03:47, by admin Email , 0 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

なぜ、日本の科学はむちゃくちゃなのだ?

ビッグバンはなかった、相対論はまちがい、プレートはない、地形は侵食ではできない、造血器官は骨髄ではない、などなど。近代科学は異常なことになっている。どうしてここまでおかしな状態になっているのか? 欧米の科学事情はここまでおかしくない。対抗する理論もちゃんと議論されている。日本だけだ、こんなに変なのは。

2017/04/07

Permalink 18:36:09, by admin Email , 0 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

日本海は巨大クレーター

ヤマト堆がクレーターに特徴的な盛り上がり。
証拠は日本の第四紀層、あまりにぐちゃぐちゃ。
高熱で餅鉄ができて、岩手、新潟で見られる。

2017/03/31

Permalink 16:42:16, by admin Email , 2 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

火星の崖は侵食ではない

じつは地すべり、崩壊地に関してはかなりくわしい。学生のころ、地すべり調査のバイトをやっていた。それで地形を見れば、どうなって崩れたかなどを判断することができるようになった。

ところで、google earthに火星の表面を見る機能がついている。そこで火星の地形を見てみた。


通常、がけ崩れは、円弧状の扇形をとることが多い。ところが火星のがけを見ると何かが違うのだ。上の画像の一部を抜き出した。


青い部分の尾根状地形に注目して欲しい。通常、がけ崩れは、あとで起きた崩壊が、それより以前の崩壊を乱す。ところがこの青い線で囲んだ尾根状地形は、左の崩壊が先に起きたと考えると右の崩壊が起きたときには、尾根ができない。逆の順番でもこの尾根はできない。
どちらが先に崩壊しても、青い線のような地形はできないのだ。
この尾根の場所にたまたま非常に硬い岩があったとしたら、右の崩壊は、もっと右に寄るだろう。
いずれにしても、この崖は地球上で見られるような、崩壊侵食地形でないことは明らかだ。
だって、崩壊土砂がどこにもないんだから!

もうひとつあげておく。どこにも流れ出すところがないのに、溝地形。侵食ではない。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>

2017年December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Search

XML Feeds

CMS software