Pages: << 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 15 >>

2017/11/14

Permalink 09:15:03, by admin Email , 10 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

金星のスーパーローテーションは静電モーター?

金星大気が90気圧もあるのは、強力な電位差のせいではないかと書いた。金星大気のもうひとつのなぞ、スーパーローテーションも電位差で説明できる。

金星の時速400kmの風は、東から西に吹いている。地球で言えば貿易風の方向だ。ここで地球に吹いている偏西風と貿易風が逆向きであることに留意して欲しい。
金星の大気は、プラスに帯電していて、地表はマイナスであると予想できる。地球大気も同じだからだ。ところで金星には磁場がほとんどなく、太陽風が吹き付けて、反対側からはイオンとして抜けていくことが探査衛星あかつきの観測でわかった。

http://www.stp.isas.jaxa.jp/venus/sci_escape.html

静電モーターの原理は、片側から電荷が流入して、反対側から電荷が抜けるという構造にある。つまり金星大気は、太陽側から強力にプラスの電荷が入ってきて、太陽の反対側ではそのプラスの電荷が宇宙空間に抜けている。静電モーターと同じ構造が金星大気にあるのだ。

ところで、地球では貿易風は金星のスーパーローテーションと同じ方向だが、偏西風は逆向きだ。これは地球大気は自転と同じ方向にファラデーモーターの向きに引っ張られているが、赤道付近の大気は、金星と同じ静電モーターになっているからだと考えられる。夜に雷が多いのは、大気中の電荷を電離層を通じて宇宙に逃がしているのだ。

2017/11/10

Permalink 16:06:23, by admin Email , 2 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

金星の大気圧はなぜ90気圧?

一般に大気圧は、空気の柱が上空まで続いていて、その重さが下の空気に加わっていると教えられている。金星の重力は地球とほぼ同じ8.9m/s2なので、重力が大気圧を作っていると考えれば、90倍の大気が存在することになる。


地球では、およそ30km付近で気圧がほぼゼロになる。90倍なら、2700kmだが、圧縮を考えれば数倍の高さまで金星大気が存在するはずだ。ところが金星大気の鉛直分布を見ると80km付近でほぼゼロになる。50km付近では1気圧で地球と同じ。大気圧の分布で見ると、地球の2,3倍程度の高度までしか大気が存在しない。

金星の地表から50kmの間に地球の90倍の圧力を生むメカニズムがあると考えられる。重力であるとは考えにくい。金星の重力は地球の0.9倍しかないのだ。以前、地球大気の圧力は電位差によるものと書いた。おそらく金星の大気圧が高いのは、地表と電離層の電位差によるものだろう。金星は磁場はないものの、大きく尾を引いていることが観測されている。金星の持つ電荷は大きいのだ。


ところが単純に電気引力によって空気分子が地表に引き付けられるのでは、重力とメカニズムは変わらない。大気の場合、上層ほどイオン化の程度が大きく、大気の電気抵抗が低いという特徴がある。大気上層は宇宙線によりイオン化されているからだ。そのため、大気中の電位差は、地表に行くほど大きくなって、上層では少なくなる。地球では50km付近では30万ボルトで一定になる。

この大気電位の大きさが大気の圧力差を作っている。一様な電場では、電気力線中に置かれた電荷は、同じ力で引き付けられるが、電位差がある電場では、電位差が高いほど引き付ける力が強くなる。電気引力の勾配が、圧力差として現れるのだ。調べた範囲では、金星の大気電位のデータはなかった。しかし、90気圧の圧力を作る電位差がきっとあるはずだ。

2017/11/05

Permalink 12:18:38, by admin Email , 12 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

太平洋火山帯の輪が閉じた

地球の自転は、太平洋火山帯のマグマをコイルにしたファラデーモーターであると指摘した。しかし太平洋火山帯は、ニュージーランドと南米の南端で途切れていた。

最近、イギリス、エジンバラ大学の研究によって、南極大陸の淵に91の火山が見つかった。これによって、太平洋火山帯の南側の回路がつながったことになる。

(School of GeoSciences, University of Edinburgh, Drummond Street, Edinburgh EH8 9XP, UK)
一般には、地球の自転は過去の衝突によって起きた回転の慣性によるといわれている。しかし、大気、海水、潮汐力の抵抗などからみても、慣性だけでは説明できない。また詳細な自転周期の観測では、自転速度が速くなったり遅くなったりしていることがわかっている。速くなるのは、明らかに慣性を否定している。
また海底にある海溝などの地形は、内部のマグマに牽引力がかかっているために、地球の自転方向にゆがんでいる。

2017/11/04

Permalink 14:49:49, by admin Email , 2 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

電子は原子核の周りを回ってる?

原子核の周りを電子が回っているというイメージをほとんどの人は持っていると思う。こんな具合だ。

宇宙で最も多いのはプラズマで、イオン状態で存在する。水素原子の原子核、陽子だと考えられる。ところが星間物質で多いのは、水素原子が3個くっついたプロトン化水素分子であるといわれている。こんな具合にくっついているはずだ。

プロトン化水素分子は+1のイオンなので、結合している電子は2個と考えられる。ところが上の図を見ればわかるが、3個の水素原子が3箇所で結合しているのだ。この結合は、分光分析で確かめられている。また原子核の間隔も正三角形をしている。

どうやって、電子2個で3つの原子核をつなぎとめているのだろうか?このブログで前にやった陽子と電子がくっついている構造なら、原子3個を電子が3個でつなぎとめ、見かけの電荷が+1となるメカニズムがある。
つまり電子が外に出す電気力線が結合によって使われるので、1個当たり3分の2の電気力線しか外に出さない。

-2/3 x 3 = -2

水素原子は+1なので、+1 x 3 -2 = +1となる。このとき、結合させている3個の電子は、回っているのだろうか?

2017/10/29

Permalink 15:57:42, by admin Email , 0 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

中性子はなぜ15分で崩壊する?

中性子は電気的に中性なので安定しているかと思えるが、約15分でベータ崩壊する。陽子と電子にわかれ、ニュートリノが放出される(といわれている)。ニュートリノはともかく中性子が陽子と電子から成り立っているのは確からしい。
ところで、中性子を陽子に直接電子がくっついた状態であるとした。


中性子が電気的に中性であるのは、中性子が膨大にあって、マクロ的に電気力線が中和されている状態であると考えられる。1個だけの中性子は、プラスとマイナスの電荷がはっきりと出ているはずだ。プラスとマイナスの電荷による電気力線は以下のようになる。遠く離れていると中性だが、近傍ではプラスとマイナスがある。

このような中性子が大量にあった場合、中性子同士が結合することが予想される。こんな具合だ。


中性子が2個結合すると、陽子のプラス同士、電子のマイナス同士が反発してばらばらになることが予想される。中性子の崩壊時間は、10分、12分、15分とばらばらの記述が多い(これは筆者の誤解だった。平均寿命、崩壊時間のちがい)。これは中性子の密度に依存しているのではないだろうか? また中性子が崩壊していくと重水素が合成される。これは崩壊した陽子に中性子がくっつくのではないか?

太陽起源の中性子があるらしい。いくつかの研究機関で観測を試みている。しかし現在まで太陽中性子はたった11例しか観測されていないという。観測方法が不明だが、太陽風に含まれる陽子と電子が結合して中性子になる場合もあるのではないかと考えてしまう。

どうして、クオークやグルーオンを持ち出さないかという人もいるだろう。ここでは、クオークなど素粒子を用いることなく原子を記述する試みをしている。すでに破綻しているかもしれないが、もう少しやってみるつもりだ。

追記(20171030)やってて気がついたが、これは電気力線の処理がクオークの使い方とほぼ同じだ。しかしクオークとは、電子軌道の扱い方がちがってくる。仮想粒子を使わないだけでも意味がある?

追記(20171031)
中性子が2個くっついて、ばらばらになる仕組みはこうだ。くっついた状態の片方の電子がもう片方の陽子に引かれて、ずれてくる。ある程度までずれて、電子同士が近づくと、反発力で弾かれる。陽子の表面で電子が移動するのではないかという仮定だ。

<< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 15 >>

2018年February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

人間が作ったものをどのように壊すことができるかを合理的に考察するのが破壊学です。現代科学にターゲット絞って考えています。 『電気的地球科学』『電気で見た宇宙と地球』には、さらにくわしい解説があります。 このブログに書いてある内容を引用する場合は、出所を明記してください。
自然科学ランキング
@520chain

Contents

Search

XML Feeds

CMS software