« 火星の崖は侵食ではない空が青いのは電離層が青く発光しているから »

マグマはミュオンが加熱している

2017/03/22

Permalink 08:18:51, by admin Email , 1 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

マグマはミュオンが加熱している

地球内部へエネルギーが伝搬されていることは、いろいろな研究で明らかになってきた。小惑星衝突の熱、崩壊熱だけでは説明できないほど、地球内部には熱がある。

最近見た説では、地球コアからウニの棘のようにアンテナが伸びて、太陽からの磁場を取り込んでいるという研究があった。しかしアンテナは電位差がないとエネルギー効率が悪い。

地表には大量の宇宙線が飛び込んでいる。なかでもミュオンは、1m^2あたり1秒に数万個も降り注いでいるというから、そのエネルギーは膨大だ。

しかし、ミュオンの透過力は強く、人間の身体程度では反応しない。地下10km以上透過して、ミュオンは消える。消えるといってもなくなるのではなく、エネルギーをほかの原子に渡すわけだ。

ミュオンはマイナスの電荷を持つ、つまり電子と同じ。電子が大量に送り込まれた物質はどうなるだろう?

ずばりプラズマ加熱だ。

岩石中に送り込まれたミュオンは、長い時間の間、岩石を加熱し続ける。地表から一定の距離に集中するので、その深度付近に溶けた岩石が集中することになる。

2017年December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Search

XML Feeds

free blog software