« 太平洋火山帯の輪が閉じた中性子はなぜ15分で崩壊する? »

電子は原子核の周りを回ってる?

2017/11/04

Permalink 14:49:49, by admin Email , 2 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

電子は原子核の周りを回ってる?

原子核の周りを電子が回っているというイメージをほとんどの人は持っていると思う。こんな具合だ。

宇宙で最も多いのはプラズマで、イオン状態で存在する。水素原子の原子核、陽子だと考えられる。ところが星間物質で多いのは、水素原子が3個くっついたプロトン化水素分子であるといわれている。こんな具合にくっついているはずだ。

プロトン化水素分子は+1のイオンなので、結合している電子は2個と考えられる。ところが上の図を見ればわかるが、3個の水素原子が3箇所で結合しているのだ。この結合は、分光分析で確かめられている。また原子核の間隔も正三角形をしている。

どうやって、電子2個で3つの原子核をつなぎとめているのだろうか?このブログで前にやった陽子と電子がくっついている構造なら、原子3個を電子が3個でつなぎとめ、見かけの電荷が+1となるメカニズムがある。
つまり電子が外に出す電気力線が結合によって使われるので、1個当たり3分の2の電気力線しか外に出さない。

-2/3 x 3 = -2

水素原子は+1なので、+1 x 3 -2 = +1となる。このとき、結合させている3個の電子は、回っているのだろうか?

2018年January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

人間が作ったものをどのように壊すことができるかを合理的に考察するのが破壊学です。現代科学にターゲット絞って考えています。 『電気的地球科学』『電気で見た宇宙と地球』には、さらにくわしい解説があります。 このブログに書いてある内容はGPLです。改変しなければ、出所を明記して自由に使うことができます。
自然科学ランキング

Contents

Search

XML Feeds

multiblog engine