« 電界と磁界の関係とは(2)―電波はなぜ飛ぶ?フーコーの振り子を動かす力は電流 »

重力定数の測定値は地球の自転速度に相関している

2018/02/05

Permalink 15:33:28, by admin Email , 1 words   Japanese (JP)
Categories: Uncategorized

重力定数の測定値は地球の自転速度に相関している

非常に興味深い記事を見つけた。

なぜ重力定数の測定値がそれほど変わるのですか?

要約すると、ニュートンの重力定数Gは過去40年間に12回測定されているが、測定値は一定ではなく、5.9年ごとの地球の自転速度の周期に関連している、というものだ。重力定数は現在でもキャベンディッシュの実験とほぼ同じ方法で測定されている。

電気的地球科学では、キャベンディッシュの実験が地球磁場に影響された反磁性体の鉛が引き合っている、と間違いを指摘してきた。地球磁場は、地殻の下に存在する大量の電子が自転で回転することで生じている。つまり磁場の強さは自転速度に比例している。

この記事は、筆者の指摘が正しいことを裏付けているのだ。

質量は重力を生まない。したがって、地球内部には空洞があって、マントルは膨張を続けている。

2018年February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

人間が作ったものをどのように壊すことができるかを合理的に考察するのが破壊学です。現代科学にターゲット絞って考えています。 『電気的地球科学』『電気で見た宇宙と地球』には、さらにくわしい解説があります。 このブログに書いてある内容を引用する場合は、出所を明記してください。
自然科学ランキング
@520chain

Contents

Search

XML Feeds

multi-blog platform